コロナウィルスがとんでもない勢いで広がっていますね。先日、新ひだか町でも2名の感染が報告されました。また、全国的にも感染者がどんどん増えています。

健康を守ってくれるマスクや消毒液は売り切れが続いています。今まで簡単に手に入っていた自分の身を守ってくれるマスクなどが手に入らない。こんな状況は余りないのではないでしょうか?

外的に身を守ってくれるマスクが手に入らないのなら、もう頼るものは自分の免疫機能しかない!最近は、そう考える方が増えてきているみたいで、SNSでも免疫に関する情報が目立ってきている気がします。

「そういえばハチミツとかも免疫力に貢献できるんじゃなかったっけ?」

色々な投稿をみながら、ふと思ったので調べてみました。すると、面白かったので記事にしてみたいと思います。

 

ハチミツと免疫力の関係

 

ハチミツの免疫力を高める効果を知るために。どんな成分が免疫力に関係しているかを調べてみました。するとたくさんのハチミツには免疫力を上げてくれる成分がたくさん含まれていました。

 

免疫力を高める成分がいっぱい!!

ハチミツには以下のような、免疫力に関わる栄養素が含まれています。

  • ビタミン類
  • オリゴ糖
  • ミネラル類
  • グルコン酸

代表的なものを上記に4つあげてみました。それぞれの栄養がどのように免疫力に関わっているかを順番に説明していきますね。

【ビタミン類】

ハチミツには何種類ものビタミン類が含まれています。その中でも免疫力に関わるものが『ビタミンA・B・C』です。

〇ビタミンA:体内でビタミンAに代わるβカロテンが粘膜の強化をし免疫を増加する作用がある。
〇ビタミンB:免疫機能のバランスをとる『葉酸』や免疫細胞を強化する『ビタミンB1』などがハチミツに含まれています。
〇ビタミンC:体内に入ったウィルスなどをやっつけてくれる白血球を強化する働きがある。

【オリゴ糖】

このオリゴ糖はナチュラルキラー細胞を活性化する作用があると言われる乳酸菌のエサになります。

※ナチュラルキラー細胞とは、文字どおり生まれつきの殺し屋で全身をパトロールしながら、がん細胞やウイルス感染細胞などを見つけ次第攻撃するリンパ球です。(引用:ヤクルト中央研究所 今、気になる健康用語 )

ハチミツには主成分の果糖とブドウ糖以外にも『オリゴ糖』が含まれていますので、多くの方が『ヨーグルトの甘み』として使っているのは健康面で理にかなっているんですね。

 

【ミネラル類】

ハチミツに含まれているミネラル分で、免疫力をあげることに役立つ成分は『鉄』『亜鉛』『銅』です。

〇鉄:免疫細胞のウィルスなどに対する反応や免疫機能を高める
〇亜鉛:免疫細胞の発生や機能に必須の成分。不足するとナチュラルキラー細胞など免疫にっ関するものに悪影響があります。
〇銅:免疫系の機能の進行と意地に重要な役割を担っている成分

 

【グルコン酸】

グルコン酸はビフィズス菌の活性に役立ちます。ビフィズス菌は免疫組織の50%以上が存在しているといわれる腸管に生息しています。この腸管を刺激して免疫や感染防御力を高めてくれるのがビフィズス菌なのです。

腸内フローラの改善を通じて感染防御の効果も発揮します。さらに重要な作用としては免疫調節作用があります。これはビフィズス菌が人体最大の免疫器官である腸管を刺激し、免疫力を高め感染防御、発ガン抑制、アレルギー症状の改善(花粉症など)など様々な効果に通じます。

引用:公益財団法人 腸内細菌学会HPより(https://bifidus-fund.jp/FAQ/FAQ_04.shtml)

 

【はちみつの免疫ついての参照】

免疫応答におけるビタミンCの生理学的役割
昭和大学『健康レシピ』
オレゴン州立大学HP微量栄養情報センター
ヘルスUP健康づくり
公益財団法人 腸内細菌学会HP

免疫は総合的に上げていきましょう

どんな健康食品も同じですが、ハチミツだけで免疫力をあげようとするのではなく普段の食事にも気を付けていくことをオススメします。なぜなら、ハチミツをせっかく食べていても体に悪い食生活をしていれば意味がありませんからね。

また、食事以外でもウォーキングをすることでウィルスなどを殺してくれる『ナチュラルキラー細胞』が活性化しますし、笑うだけでも『ナチュラルキラー細胞』は活性化するようです。

運動をして、たくさん笑って栄養価のある食事を食べる。そして、ハチミツでそれらの活動をサポートしていく。

そんな生活を送っていただけたらと思います。(僕自身にも言ってます)

太田養蜂場ホームページ
太田養蜂場ネットショップ

では、今日は以上になります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

P.S.

現在、ブログの移転中で読みにくいところもあるかもしれません。その旨、ご了承ください。