スズメバチの被害が出始める
時期になってきました。

『あっ、ここにもスズメバチ!!』
ふと家の周りを見たら、
スズメバチがいつもより多く飛んでいる。

なんてことがあったら注意が必要です。

スズメバチが巣を作りやすい場所

◯軒下
◯換気口
◯物置の中
◯屋根裏
◯庭木

1つずつ説明していきます。

軒下

img/kankikou.jpg” alt=”<% metaKeywords %>” />
これも多いですね。
特に多いのが床下の換気をするための、
換気口が壊れていてその隙間から出入りして、
巣を作るというパターンです。
なので、換気口の蓋に出来た穴は、
早めに塞いだり治すのをオススメします。

物置の中

“チクリ”とやられる、
という話もよくききますね。
また、入り口付近に作らない時は、
置いてあるダンボールや靴箱など、
空間があって出入りしやすいものに、
よく作るんです。

前、駆除に行ったあるお宅では、
物置にひっくり返してあった、
ソバのこね鉢みたいなものにつくっていましたよ。

屋根裏

なぜなら、屋根などが錆びたりして、
穴があいたりしているところが多く、
そこからスズメバチが入り巣を作る
というパターンが多いようです。

庭木

枝が密集するような
木は避ける、もしくは剪定をこまめにして、
密集させないようにすることが大切です。
他にも庭に置きっぱなしのプランターやタイヤなど、
側溝の中やマンホールの中などがあります。

スズメバチが巣を作っている場合は、
これらの場所の決まったところから、
頻繁に出入りするので10~30分くらい、
ちょっと離れたところから観察してください。
そして、もし頻繁に出入りするようでしたら、
自治体か近くの業者に連絡をして、
見てもらってくださいね。

まとめ

◯軒下
◯換気口
◯物置の中
◯屋根裏
◯庭木

これらは要チェック
そして、プランターやタイヤなど、
スズメバチが出入りできるスペースがあって、
雨や風を凌げそうな物も注意が必要。
巣があるかを見極めるには、
決まったところからスズメバチが、
頻繁に出入りしているかどうか?

また、むやみに巣がありそうなものを、
動かしたりすると巣があった場合、
一気に蜂が出てきてあなたに襲い掛かるので、
動かしたりしないことが重要です。
怪しければ自治体や業者に連絡
怪しくなくても巣を作りやすい物を、
動かすときは注意をする。
これらを心がけて頂ければ、
スズメバチに刺される危険は、
かなり減っていきます。

あっ、もし自治体が動いてくれなかったり、
業者を見つけることが出来なかった時は、
これを参考にして下さいね。
↓   ↓
格安で蜂駆除のプロに依頼する方法
では、最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
失礼します。