札幌活用ゼミに弟と参加してきました。
『札幌活用ゼミって何??』
いや実は僕たちも、
あまり理解しないで参加しましたw
じゃあ、なぜ参加したかというと、
丸井今井のバイヤーさんや、
地域活性につながるツアーを計画している、
旅行会社さんなどの話が聞けたり、
札幌中央市場などの市の施設の見学や、
実用例を聞くことが出来たからです。


マグロのセリ(いきなり音が出ますので音声に注意)
そんな理由で参加したのですが、
当日、会場で参加者一覧を見た時、
マジか・・・。
と思いました。
石狩・岩見沢・滝上・余市・名寄・・・・。
個人での参加ってうちだけ?
なんか、ものすごくアウェー(笑)
いち商店が学ぶことはあるんだろうか?
正直、不安になった部分もありますが
始まったらそんな不安もイッキに吹っ飛びました。
様々な方のお話を聞きながら、
サービスや商品のアイディアが、
次々出てくるんです!

これをやったら面白いんじゃないか!?
この施設をこう使えばもっとたくさんの人に、
太田養蜂場を知ってもらえるんじゃないか?
基本的に勉強しだすと、
あっという間に睡魔との戦いになりますが、、
お話の内容や色々な考えが、
出てくることが楽しくて楽しくて、
夢中になっていました。
img/nayorohimawari.jpg” alt=”” />
名寄のひまわり畑の風景
ライトアップもされるんですね
写真は名寄市ホームページより引用(http://www.city.nayoro.lg.jp/www/contents/1331685876739/index.html

他の自治体の方とも、
普段では聞けない、
アツい思いや意気込みを、
伺い胸が熱くなりました。
いずれイベントなどで、
一緒に何かしたいな
と心から思いましたよ。
今回のゼミで感じたことは、
僕たち養蜂場は、
自分たちの地域との連携を、
強めるのはもちろん。

自治体にどんどん提案をしていく事で、
たくさんの人や団体を巻き込み、
大きく大きく輪を広げていける
と感じました。

例えば乙部町では、
町と養蜂場が連携して
公園にアカシアの植樹をして、
採れたはちみつを販売しています。
やっぱり個人の力には限度があるので、
いろんな方に力を貸り、
それを形とにして返して行ければと、
強く思いました。
まずアレをしようかな?
これからの太田養蜂場は、
面白くなっていきますよ。
今回はいろんな方と、
お話させていただきましたが、
やはりミツバチのことには、
みなさん興味があるんですね。

あなたは、こんなミツバチ豆知識を、
ご存知ですか?
↓   ↓

タグ