女が逃げまわっている。
彼女の後ろからは、
何やら大きな首が5つある、
大きなバケモノが追いかけてくる。
『私には大切な家族がいる!
捕まるわけには行かない!』
そんな彼女の思いとは裏腹に化け物は彼女に牙をむいた・・・・。
【女王蜂の羽切り】です。
「せま~い!!あつ~い!!」
そう感じた蜂達が巣分かれを画策しだして、
新しい女王蜂を作り出します。
そして、その女王蜂が生まれ交尾をすると、
“古い女王蜂”が働き蜂と共に飛び立っていくんです。
いわゆる分蜂という現象ですね。
この分蜂は養蜂家にとっては、
損害になってしまうんですよ。
だって、女王蜂は巣箱に1匹しかいない、
ということは女王蜂が群れそのものと言っても、
過言ではないんですから。
だから羽を切るんです。
また、羽の切り方にもルールがあって、
それのお陰で女王蜂の年齢がわかるんですよ。

羽切りルール3箇条
◯羽を切っていないのは新王
◯片方の羽を切っているのは1歳
◯両方の羽を切っているのは2歳以上

そして産卵が少ない女王は、
可哀相ですが処分してしまいます。
(4年程度で産卵が弱まります。)
「ところで新王の羽は切らないの?」
実は羽切りのルールにも書いたように、
年齢を見分けなければいけないので、
あえて切らないんですね。
「分蜂しないの?」
大丈夫です、分蜂を防止するためと言っても、
日頃、管理していればそう簡単には、
分蜂はしませんので一番の目的は年齢の判別といえます。

どんな作業をするのか?

作業内容はかなり地味なんですが。、

1、巣箱のなかから女王蜂を探す。
img/bee04.jpg” alt=”<% metaKeywords %>” />
3,そして羽をカット!
「次回っていつだよ!!」
普段、更新が激遅なこのブログなので、
そう言われてもしかたありません。
なので更新予告をざっくりとしたいと思います。
次回更新は、
来週か再来週!!!
はい、ざっくりですみません。
更新まで時間があるので、
こんなサイトはいかがですか?
作り始めのサイトですが楽しんでいただけると思います。
↓    ↓
こんな世界もあるんですねぇ~・・・。
それでは、
最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
今回の記事は、

写真モデル:社長の忠雄  
写真撮影:次男の直文
文章:長男の一徳

でお送りいたしました。
では、失礼します。