本日も読んでいただきありがとうございます。

5月14日のyahooニュースに、『青森で蜂箱がクマに襲われる』ニュースをみました、なんでも 青森県のとある養蜂業者さんの、蜂箱50群中、5箱が壊されていたそうです。

これは、私たちの養蜂場でも被害を受けたことがありますが、本当に散々です。


蜂箱なんて、木端微塵ですよ。

さらに、襲われた現場では獣臭っていうんですかね?その匂いが酷い(^_^;)

ミツバチたちも、路頭に迷って壊された巣や箱に固まっていますよ。

今回の青森での1箱あたりの被害総額を予想してみると蜂箱、ミツバチ、巣枠、これからの採れたはちみつなどを計算すると下手すると5万円を大きく超えるかもしれません(>_<)

このような、被害を防ぐためにほとんどの業者は、電気柵を蜂箱を設置する場所に取り付けています。

これで、被害はかなり減ってはいますが、完璧ではないんですよね・・・。

バッテリー切れや、折れた木や枝による断線などトラブルで電気柵が機能しないときがあります。

そんなときにクマが近くを通ると・・・・。

クマの中には、線の下を掘って中に入るようなツワモノもいるそうです。

では、クマは何を求めて蜂箱を襲うのでしょうか?


『はちみつでしょ!』

そう思ったアナタ、半分正解です。

実は、もう一つクマが好むものがあります。

それは、前のブログでもアナグマにたべられた、蜂の子です。

蜂の子は、タンパク質が豊富でクマにとっては、かっこうの栄養源になります。

襲われた蜂箱の巣は蜂の子がごっそり食べられています。

なんとも、傷ましい(:_;)

私たちの仕事は、自然の中に場所を借りて、自然の恵みを受けて成り立っています。

ですので、うまく共存していければなと思います。

ちなみに、今回のソースはコチラです⇒ニュース記事

それでは、本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

また、読んでいただけると嬉しいです。

P.S. はちみつ等に関する質問を年中無休でコメントで受け付けています。コメントに書き込むことに抵抗のある方はコチラに質問をください。質問と回答は基本的にブログの記事として掲載します。