こんにちは。本日も読んでいただきありがとうございます。
当店では、夏になるとスズメバチの駆除をしています。
先日、今年初めて駆除の依頼電話をいただきました。
『小さい蜂の巣があって、蜂が庭の周りを飛んでいて庭に入れない』
とのことで、時期的には早いと思いつつ、現場に行ってみました。
すると、案の定。
巣は去年のものでした、
そして飛び回っていた蜂は外来種の
セイヨウマルハナバチが暖かさにつられて、
活動を開始して庭の花に来ていたのでした。
作業は、去年の巣の回収のみでした。
蜂のほうはというと、
巣がわからないと駆除のしようもないですし、
セイヨウマルハナバチは基本的に
おとなしい蜂なので、
とりあえず様子を見てもらうことにしました。
まだ、早い時期だったため巣は空っぽでしたが、
これからの季節はスズメバチが巣を作り始めます。
暖かい地域だと既に作り始めているかもしれません。
近年は、住宅街にもスズメバチが巣を
作るようになってきましたよね。
理由は、外敵(熊やオオスズメバチ)が居ないからです。
地域によっては、
軒先に作った場合は縁起物として
大事にされますが、
大抵の人は家にスズメバチに巣を
作られのは嫌なのではないでしょうか。
ですので、今回は
スズメバチの巣を作られにくくする方法(ワナ)
を紹介します。
まずは、準備するものです。

○空のペットボトル(1.8?以上)
○ジュースまたは同じ甘さの砂糖水
○酢
○酒または赤ワイン

以上です。
作り方(1.8?ペットボトルの場合)

① ジュースまたは砂糖水を
  マグカップ1~2杯と酢・酒を
  スプーン1杯程度混ぜ合わせます。
② ①をペットボトルに入れて、フタをする。
③ ペットボトルに切れ目を入れて、
  “コ”の字に切れ込みを入れて、
  ひさしのように折り出す。(写真参照)
img/hatikuuyo.jpg” alt=”<% metaKeywords %>” />
④軒下や庭木などに吊るしたり、置いたりします。

以上で完了です。
このワナは作った液のニオイでスズメバチを誘い捕獲します。
最近では、ホームセンターでも似たようなものが売ってたりしますね。
このワナで、なぜスズメバチの巣をつくりにくく出来るのかと言うと。
この時期は、冬眠から覚めた女王バチが巣を作るところを探して飛び回ています。
スズメバチの巣は、
女王バチが基礎を作って卵を産み働き蜂を増やし、
働きバチがある程度増えると、
女王バチは産卵に専念して
働き蜂が更に巣を大きくして行きます。

ですので、この時期の女王バチを捕獲してしまえば
巣を1個駆除したのと同じことになります。
ちなみに、ワナに入った蜂は出られずに死んでしまいます。
あとワナには蜂以外にもハエやガなどが入ってしまい
すぐにイッパイになってしまいますので、
中身をとりかえるか
(生きていた場合は殺虫剤を吹き入れると良いです。)
アナタの住んでいる地域のルールに従って捨ててください。

このワナを、9月頃まで取り替えながら
設置し続けていただければ、
交尾や冬眠に向かう女王蜂や
働きバチも捕らえることが出来て、
更に効果的です。
しつこいようですが、
これはあくまで巣を作られにくくする方法です。
ご理解いた頂ければと感じます。
『あれ?家の周りでスズメバチをよく見るなぁ』
そんな時には
↓    ↓

タグ