太田養蜂場ができるまで
創業者の太田直喜は昭和23年の独立から10年は天候に恵まれなかったりミツバチの移動がうまく行かなかったりで暗黒の時期を過ごしました。

その時期があったからこそ太田養蜂場の土台がしっかりと作られました。

昭和40年まではミツバチの移動と言えば貨物列車が主流でした。ただ、コンテナ内は高温になりやすく移動中は駅で止まるたびに、水をかけていましたが、それも効果はうすく目的地につく頃には、熱でミツバチ達は全滅またはそれに近い状態になるのでした。

昭和45年の創業後からは順調に生産量を増やしていきました。

創業者から2代目の忠雄に代替わりをした後も多少は悪い年はあるものの順風満帆と言えるほど安定した経営を行っておりましたが、平成10年頃から3年ほど天候や蜂の育成不良に悩まされ、生産量が激減してしまいました。

いよいよ「出稼ぎにいくか・・・」という言葉が漏れ出した頃、育成状況が徐々に良くなり天候にも恵まれ久しぶりの豊作の年を迎えることが出来たのです。

この時の経験が今の「少群採蜜法」に繋がっています。「少群採蜜法」とはミツバチの箱(群)を設置する時に本来なら置けるであろう群数より少なく設置する方法の事で、ミツバチの数に対する花の割合を増やしより純粋な単花蜜(アカシアなどの1つの花の蜜)を採る当店独自のスタイルです。

「少群採蜜法」を行う事で、お客様から「おいしい!!」と言って頂ける以前よりも言われるようになり手ごたえを感じております。

2代目の忠雄が奮闘し苦難の時代を乗り越えた太田養蜂場。

現在は2人の息子が跡継ぎとして仕事を始めており、販売や現場で活躍しています。

創業者の太田直喜は昭和23年の独立から10年は天候に恵まれなかったりミツバチの移動がうまく行かなかったりで暗黒の時期を過ごしました。
その時期があったからこそ太田養蜂場の土台がしっかりと作られました。

昭和40年まではミツバチの移動と言えば貨物列車が主流でした。ただ、コンテナ内は高温になりやすく移動中は駅で止まるたびに、水をかけていましたが、それも効果はうすく目的地につく頃には、熱でミツバチ達は全滅またはそれに近い状態になるのでした。

昭和45年の創業後からは順調に生産量を増やしていきました。

昭和40年まではミツバチの移動と言えば貨物列車が主流でした。ただ、コンテナ内は高温になりやすく移動中は駅で止まるたびに、水をかけていましたが、それも効果はうすく目的地につく頃には、熱でミツバチ達は全滅またはそれに近い状態になるのでした。

昭和45年の創業後からは順調に生産量を増やしていきました。

創業者から2代目の忠雄に代替わりをした後も多少は悪い年はあるものの順風満帆と言えるほど安定した経営を行っておりましたが、平成10年頃から3年ほど天候や蜂の育成不良に悩まされ、生産量が激減してしまいました。

いよいよ「出稼ぎにいくか・・・」という言葉が漏れ出した頃、育成状況が徐々に良くなり天候にも恵まれ久しぶりの豊作の年を迎えることが出来たのです。

この時の経験が今の「少群採蜜法」に繋がっています。「少群採蜜法」とはミツバチの箱(群)を設置する時に本来なら置けるであろう群数より少なく設置する方法の事で、ミツバチの数に対する花の割合を増やしより純粋な単花蜜(アカシアなどの1つの花の蜜)を採る当店独自のスタイルです。

「少群採蜜法」を行う事で、お客様から「おいしい!!」と言って頂ける以前よりも言われるようになり手ごたえを感じております。

この時の経験が今の「少群採蜜法」に繋がっています。「少群採蜜法」とはミツバチの箱(群)を設置する時に本来なら置けるであろう群数より少なく設置する方法の事で、ミツバチの数に対する花の割合を増やしより純粋な単花蜜(アカシアなどの1つの花の蜜)を採る当店独自のスタイルです。

「少群採蜜法」を行う事で、お客様から「おいしい!!」と言って頂ける以前よりも言われるようになり手ごたえを感じております。

2代目の忠雄が奮闘し苦難の時代を乗り越えた太田養蜂場。

現在は2人の息子が跡継ぎとして仕事を始めており、販売や現場で活躍しています。